roomsのbooks



概要

本が置いてあるだけでちょっと読もうかなと立ち寄ったり、その本をきっかけに会話ができたりすることがあります。
本は場作りにおいて大事な役割を果たします。
場に来るきっかけ、集まるきっかけ、話すきっかけ。
様々なきっかけを生む本をroomsにも置きたい。
そんな中、roomsスタッフの一人が始めたのが、「まちライブラリー」と「交換本棚」です。

まちライブラリー 概要

まちライブラリーとは、みんなで作る図書館のことです。
誰か一人の本が並ぶわけでも、公共団体が作るわけでもありません。
誰かがこれは皆に読んでもらいたいという本が集まってできる図書館です。

roomsのまちライブラリーのルールは以下の通りです。
入会希望の方はContactからお問い合わせもらうか、直接スタッフにその旨お伝えください。

蔵書は「リブライズ」という本管理サービスを使っており、以下から確認頂けます。

3冊以上の寄贈をしていただくと、無料で会員登録できます。
会員は本まちライブラリーでの貸し借りが自由にできます。
下のGoogle formから寄贈を承っております。

交換本箱

冷蔵文庫と言って、いろいろな持ち主が持ち寄った本を交換するための取り組みがあります。
冷蔵庫を用意できなかったので、箱を用意し、その中で本の交換ができるようにしました。

もう読み返さないけど捨てるのはもったいない。

そんな本をお持ちの方は本を持ってきて交換本箱で交換してみるのはいかがでしょうか?
交換でなく、ただ寄贈するだけの方も受け付けてます。